小さくても行動!!弾みがついたコーチングセッション

久しぶりにコーチングを受けて、淀んでいたことに、ちょっと弾みがつきました!

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

確定申告が終わってホッと一息。

今日は久しぶりに、コーチのセッションを受けました。

久しぶりにコーチからのコーチングセッション

コーチングセッションをするのも、受けるのも、

コーチ仲間と時々やっていたのですが、

自分の師匠である、塙英明さんからのコーチングは本当に久しぶりでした。

「さあ、今日は何を話しましょうか?」

と言われても、課題が前に進まない。

わかっているけれど、高~い障壁が目の前を塞いでいるので、

まずはそれを一つずつ明らかにしていただきました。

やりたいことがあるのに、

どうしたらそれができるのかがわからない。

何をやってもできる気がしない。

そういう状況からのスタートでした。

だけど、どこかから急に物事が動き出したんです。

きっかけはなんだったっけ?

メモを見ても思い出せないのですが、

なんかのきっかけで、

思考が前向きになった印象が残っています。

セッションが終わる頃は、

何をしたらいいのかがわかりました。

おまけに、早くそれをやりたくてワクワクしていました。

できる気がするとかしないとか、

そんなの気にならなくなりました。

コーチングって不思議ですね~。

若干、「コンサルティングみたいですね~」なんて場面もありましたが、

最終的には行動につながったのだからすごいです。

カウンセリングでもそうですが、

自分が受けるとクライアントの気持ちがわかります。

どういうタイミングで舵を切るか、

どういう言葉で語りかけるか、

どこまで任せてどこから手を差し伸べるのか、

塙さんの姿から学ぶことは多いです。

セオリーはわかっていても、

セオリーを超えたスキルの力強さを実感します。

経験を積んで自分の器を広げること、

手数を増やすことが重要だと思いました。

 

目標は高く、行動は小さく!

今日のコーチングでは、

予想もしなかったものすご~く高い目標ができました。

目の前のハードルを高い障壁って言ってた私が、

そんなもの砂山に見えちゃうくらい本家本元の高~いお山です。

それを攻略しちゃおうなんて

すごい目標を立てたものです。

なんで、そんな目標が立てられたのかというと、

スモールステップで行動を決めようって

思えたからなのです。

まずこれやって、それからこれをやって、

と考えていたら一気に先の先の先まで話が進んじゃって、

とても魅力的な高い山が現れました。

自分でも驚いたのですが、

高い山を見た瞬間に、急にスイッチが入っちゃいました。

こんなハードル越えたるわい!

ぐらいの勢いになりましたよ。

私の場合、高い目標と小さな行動が見つかれば、

なんか前に進むんだなってこともわかりました。

もしかしたら、それを見抜いていた師匠に

煽られていたのかもしれません。

それでもなんでも、やれることをやっていきますよ~。

これからまた忙しくなりそうです。

読んでくださり、ありがとうございました。

よかったら、こちらの読んでみてくださいね♫

塙英明さんについてはこちらをどうぞ

https://learning-playce.com/CoachSchool/index.html?fbclid=IwAR3XUKl7xJQ0WQJ4f-_rRiLQcr4q_vC9Twpd42zqd6Mur63WbCX2j0GJW7s