なんで私は、人に褒められると「そんなことありません」って言っちゃうんだろう?

私は、人に褒められたい・・・と思ってると思うんだけど、いざ褒められると、全力で否定したくなっちゃいます。これって私だけなのかしら?

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

なぜか・・・

人に褒められたい・・・と思ってると思うんだけど、

いざ褒められると、全力で否定したくなっちゃいます。

これって私だけなのかしら?

そう思っていたけど、そうでもないかもしれません。

これもビリーフの問題か?

なんで、褒められると否定したくなるのか?

私が全力で否定したくなるのは、

「あなたはこんなに素晴らしい・・・」系の褒め言葉です。

何かができる。。。という行動に対しても、

「いや・・・」と言いたくなりますが、

できるようにしているならば、

そこは受け入れてもいいかって気持ちになります。

持っているものやスキルをに関しては、

「そうかな?」と思うこともありますが、

これも受け入れてもいいやって気持ちになります。

でも、

「あなた自身」に関しては、ダメですね~。

もしかしたらそうかもしれないって自分の中では思っても、

人に言われるとまず、否定的な反応が出てしまいます。

私には何かが足りないとか、欠けているとか、無価値であるとか、

そう、これはビリーフにもある言葉。

ビリーフをリセットしても、根強く残っている自分への不信感。

自分が自分を褒めることはできるようになったけど、

人からの場合は、ビリーフの残党が猛反撃するのかもしれません。

*ビリーフについてはこちらを参考にしてください。

否定する子がここにもいた!

私だけかと思っていたら、子どもにもそういう子がいました。

キャリア教育の授業で、いくつかクラスに入ったのですが、

「これはあなたのいいところなんだね。」

って、ワークから浮かび上がったその子のよさを伝えても、

めっちゃ反対する子がいるのです。

照れちゃう子もいるし、素直に認める子もいるし、

意外だけどまんざらでもないって子もいる。

でも、中にはいます。

ガン!として受け付けない子もね。

「私と同じだわ」って思うので、

余計に「認めていいのよ。」って言っちゃいますが。

人には言えるんですね、こういうこと。

子どもたちの自己肯定感を育む必要性を

強く感じる一瞬です。

でも、そもそも、学校とかは自己肯定感の育て方を

教えてはくれませんからね。

まあ、ここら辺は今度じっくり書きます。

今からでも間に合うか?

自分のよさを全否定するということは、

まだまだ、自分のことを信じきれていないということ。

まだまだ、他人軸で自分を見てしまうということ。

かれこれ50年以上自分をしていますから、

そう簡単にこの反応を消せないです。

それでも残りの50年は、

褒められたら素直に受け取れる自分になりたい、と思います。

なので、心がけているのは、

「いいや、違います。」

と言いたくなってもそれは出さずに、

「ありがとうございます。」を言葉に出すことです。

否定の気持ちがあっても、

「ありがとう」と受け入れる言葉を実際に言うと、

ちょっとホッとします。

自分でも認められたように思えるので、

言葉に出すことは大切だと思います。

褒めてもらえるのは本当はとても嬉しいです。

もっと素直に喜びたいものです。

読んでくださりありがとうございました。

「お知らせ」

☆2月のユメカキ☆NOTE講座

自分の心につながったアクション計画が、夢の実現への力となります。

ユメカキキャンバスでワクワクする明日を描きましょう!

2月17日(日)横浜開催です!

☆みこりんチャンネルはこちらからご覧になれます。

若い先生たちに元教員のみこりん先生が語ります!

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw/featured?view_as=subscriber