チャレンジ学校!!〜学校の図書室を保護者にも開放します〜

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

今年の行動目標は、⑴ 人と情報と物の循環を通して学校を改革する、です。

なので、今日のタイトルは「チャレンジ学校!!」(笑)
学校は敷居が高い!と保護者には思われがちです。

でも、今の時代、

学校だけ、家庭だけで子どもを育てることは難しいです。

だから、保護者と学校をつなぐことも

教頭の大事な仕事だと思っています。

できれば、もっと気軽に学校に来ていただきたい。

子どもが育つ環境を一緒に作っていきたい。

そのための実験として、図書室を開くということをしています。
実は、自校の子ども達は、本を読むのは好きだと思いますが、

家庭では、進んで読んでいないという実態もあります。

そこで、「家読のすすめ」というイベントを図書室で行ったところ、

◯家に子どもが読みたい本がない(近隣に書店もない)

◯家で親が本を読まない

ということがわかりました。

つまり、子どもが家で本を読みやすい環境がつくられていない、

ということなんだと思います。

そこで、図書支援員さんど相談し、

毎月1〜2回、図書室を保護者に開放することにしたのです。


それでもなかなか人は集まりません。

いつも大体2〜3人、ほぼメンバーは決まっています。

時には0人ということもあります。

テーマを決めて呼びかけると、ちょっとは人が増えるので、

先月は「大人が楽しめる絵本」をテーマにしてみました。

やっぱりいつものメンバーでしたが、

絵本の読み聞かせをし合ったり、

図書室での子ども達の様子から話し合ったりと

思った以上に充実した時間になりました。

特に盛り上がったのがこの絵本について

「ママのスマホになりたい」を読んで、

うちのあるある!から、子どもとのコミュニケーションの大切さを

話し合うきっかけとなりました。

今月も図書室開放を行います。

もうちょっと多くの人に来ていただけるよう、

テーマや場の作り方を工夫したいと思っています。

本を通じて学校との距離が縮まれば、

子育ても教育ももっと楽しくなるんじゃないかな!?
読んでくださりありがとうございました。