子どもの貧困対策に必要なものを、3つのキーワードから考えるその1〜子どもの貧困対策実践交流会2017

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

11月は、

「児童虐待防止月間」です。

みなさん、ご存知でしたか?

「子どもの貧困」の問題、

メディアでも取り上げられることが多くなり、

行政や民間の取り組みもメジャーになってきています。

でも、実際には困難な状況にいる子どもが減っているという

実感を持つことはできません。

その対策に何が必要なのか、先週参加したイベントからの学びを元に考えてみました。

★おせっかい

★学ぶ力

★資源をつなぐ

「子どもの貧困」対策実践交流会2017では、

3名の方からの実践報告がありました。

その方々の取り組みを元に考え、出てきたキーワードが上の3つです。

その1:おせっかい

NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク

事務局長天野敬子さんの報告では、

子ども食堂の取り組みから広がっていった、

様々な子どもを支える事例を知ることができました。

遊びサポートとしての、子どもの遊び場運営。

学びサポートとしての、子どもの学習支援。

暮らしサポートとしての、子ども食堂や、夜の居場所、宿泊支援等。

本当に、幅広い展開なのですが、

これらを縦につなげると、

子どもの乳幼児から社会人に至るまで、切れ目ない支援でつなげることを

めざしていることがわかります。

その活動の基にあるのが「おせっかい」なんだそうです。

地域の中で困っている人へのおせっかいを通してサポートする。

おせっかいをされた子どもは、おせっかいを返す大人に育っていく

どんなに立派なしくみでも、そこに心がなければ人は根付きません。

だからこその、「おせっかい」

これは大きなキーワードなのではないかと思うのです。

「おせっかい」をウザいと考える人もいるかもしれないけれど、

「おせっかい」されると意外と嬉しいんじゃないかなって思います。

「おせっかい」で支えること、誰にでもできることではないでしょうか。


その2、その3はこちらからお読みください。

新しい自分を作る習慣化3ヶ月グループコーチング

さあ新年度です!

今度こそ三日坊主とはおさらばしたいあなたへ。

3ヶ月間、がっつりサポートするグループコーチングで、望ましい自分を手に入れましょう!

 

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!みこりんの無料メールマガジンです。

誰でもなりたい自分になれます!
読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけです♪ぜひご登録お願いします♪♪

登録は、こちらをクリック♪

 

この記事を書いた人

みこりん

みこりん