ロジカルクッキングにチャレンジ♫その2:高機能家電を使えば無駄な味付けは必要ない!?

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

昨日、記事にした「ロジカルクッキングにチャレンジ」

3日目のテーマは、

「無駄に味付けをしない!」

でした。

というのも、高機能レンジを使ってじっくり素材を温めることで、

素材から十分な旨味がでてくるからということでした。

そこで、今日は家にある家電を活用し、

今日は、スロークッカーでスープを、ヘルシオでキッシュを作りました。

低温加熱のポイントは?

通常の調理法だと、熱が速く回りすぎてしまい、

素材の味が出されぬうちに焼けてしまいます。

お肉にしろ、お野菜にしろ、

60度から70度をゆっくり通すところが、

一番美味しいのだそうです。

この、低温加熱を実現する方法は「蒸し」ということ。

一般的な蒸し器での調理でも、

素材が美味しくなる温度で加熱することができるため、

美味しくいただくことができます。

しかし、蒸し器に頼るとなると、

それこそ器具の準備や素材によって加熱の温度、時間などを調整するのが、

面倒くさい(勝間さん曰く)。

私のように料理なれしていない者には混乱するだけです。

だからこそ、蒸し機能がついた家電を使うといいよと

勝間さんは仰るのです。

素材を適温で適時間蒸すと、美味しい旨味が染み出てきます。

なので、余分な調味料は必要なし。

分量の0.6%の塩分で十分と言うことです。

この分量をきちんと量るためにも、

むらなく調理できる家電活用法がよいのだそうです。

さすがロジカルですね〜

スープとキッシュのできばえは?

スロークッカーで作ったのは野菜スープです。

冷蔵庫の中の野菜を適当な大きさに切って、

ひたひたになるくらいお湯を満たします。

塩、こしょうを少々ふって、

チキンコンソメを半分いれて強で2時間放置です。

トマトの味がアクセントとなり、

満足のゆくできばえとなりました。

ヘルシオで作ったのはキャベツのキッシュです。

うちのヘルシオは旧型なので、

任せて調理はできないので、ウォーターグリル機能を使って

30分弱焼きました。

味付けは、塩とピザ用チーズだけ。

卵が野菜の出汁を吸い込んで見た目よりもマイルドな

味わいのキッシュができました。


まとめ

どちらも超簡単!!で美味しいです♪

これは使わない手はありませんね。

明日も違う料理に挑戦しようと思っています。

読んでくださりありがとうございました。