心のキャリア教育「ユメカキ☆NOTE&まんが教育」が子どもたちにもたらしたこと

先月末に行った心のキャリア教育「ユメカキ☆NOTE&まんが教育」、子どもたちのアンケートが届き、そこに書かれている言葉に感激しました。そこから、この実践が子どもたちに何をもたらしたのかをまとめてみました。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

先月末に行った心のキャリア教育「ユメカキ☆NOTE&まんが教育」、

子どもたちのアンケートが届き、そこに書かれている言葉に感激しました。

そこから、この実践が子どもたちに何をもたらしたのかをまとめてみました。

授業の目的と実施した内容

今回は、2年生、5年生、6年生に実施しました。

それぞれの学年の子どもたちの実態によって、

また、担任の願いを鑑み、

プログラムを構成しました。

2年生:感情の見える化と表現を楽しむ

目的は、イラストを通して感情を理解することと描くことを楽しむこと。

そのために、

エモーショナルマップという、感情を表情で描き表すワークと

イラストを描くコツを知り、好きなキャラクターを描くワークを

実施していただきました。

5年生:心を解放し自分や他者のよさに気づく

目的は、自分や他者の良さに気づき、それぞれが認め合うこと。イラストと通して表現することを楽しむこと。

そのために、

塗り絵やエモーショナルマップなど、描くことを楽しむワーク、

禅を取り入れた3つのステップで心を整えるワーク、

今の自分と未来の自分を見つめ、どうありたいのかを表現するワークを

実施していただきました。

6年生:自分を見つめ、将来に向けた行動を考える

目的は、自分の思いに気づき、イラストや言葉で表現することと、将来に向けた行動を考えること。

そのために、

憧れの人から自分の価値観や良さに気づくワークと、

ユメカキキャンバスに卒業後にどうなりたいか、そのために何をするかなどを表現するワークを

実施していただきました。

アンケートの言葉から

☆学べてよかったことはなんですか?

5年生

・イラスト(絵)を上手に描く方法がわかった

心を整える(落ち着ける)方法、姿勢を良くする方法がわかった

を見つける方法がわかった

*「普段ざわざわした心が落ち着いた」とか、「未来をプラス思考で考えられた」という声が多かったです。

6年生

自分のこと(性格や大事にしていること)がわかった

・周りの人の大切さに気づいた。

・自分の夢や将来について考えることができた

*「自分のことがはっきりとわかった」、「目標は期限を決めるといいことがわかった。」という声も多くありました。

☆授業を受ける前と後で何が変わりましたか?

5年生

・気持ちや姿勢が変わった。

・絵が上手になった。

・前向きになった。

*「心のざわざわがなくなった。」「皆に拍手をしてあげたい」という声もありました。

6年生

・「なぜそうしたいのか」「何をしたいのか」という自分の思いがわかった。

・将来に向けてがんばりたいという気持ちが出てきた。

・他の人のことも考えるようになった(感謝、違い)。

*「あきらめないようにする」「自分のことがよくわかった」という声も多かったです。

まとめ

2年生はアンケートはとっていませんが、

休み時間、絵を描くことを楽しんでいるという報告がありました。

3日間、子どもたちにがっつり向き合いました。

自分の良さや思いに気づくように、

未来を夢見ることができるように、

自分も友達も応援できるように、

松田純先生、松田利恵先生が子どもたちの力を

しっかりと引き出してくださりました。

 

「心のキャリア教育」もっとたくさんの子どもたちに

届けたいプログラムです。

そのためにも、ユメカキ☆NOTEでその魅力を

伝えていきたいと思います。

読んでくださりありがとうございました。

授業についてはこちらもどうぞ